燃料電池要素/水素燃焼・安全評価に関する 研究分科会 開催報告

 平成26年8月29日(金)、水素エネルギー製品研究試験センター(HyTReC)にて、「燃料電池要素研究分科会/水素燃焼・安全評価に関する研究分科会」及び「HyTReC 公開セミナー」を合同開催しました。


 研究分科会においては、燃料電池及び水素燃焼・安全分野の第一線でご活躍中の講師をお招きし、PEFC内湿度センサの開発状況や、水素社会に向けた都市ガス業界の取組みなど幅広い内容の講演が行われました。


 HyTReC公開セミナーでは、独立行政法人交通安全環境研究所の成澤室長より、水素・燃料電池自動車の世界統一基準(GTR)についてご講演いただくとともに、本年4月に稼動したばかりの、世界最高水準の大型水素容器試験施設の見学が行われました。


 その後の交流会では、講師や受講生の方に多数ご出席いただき、交流や情報交換の場としてご活用いただきました。

 内       容 

 (リンクのあるものは、PDFで資料をご覧いただけます。)

 講義1 

  九大水素関連「ヒヤリハット」事象

   九州大学 水素材料先端科学研究センター(HYDROGENIUS)

   副センター長 栗山 信宏 氏

講義2

  将来の水素社会に向けた都市ガス業界の取組み

      (容量サイズが大きいため、分割しています。

   一般社団法人日本ガス協会 技術開発部

   燃料電池水素グループ 山口 祐一郎 氏

講義3

  PEFC内in-situ測定用マイクロ湿度センサの開発

  横浜国立大学

 准教授 荒木 拓人 氏

講義4

  水素・燃料電池自動車の世界統一基準(GTR)について

  (独)交通安全環境研究所 自動車国際調和室

  室長 成澤 和幸 氏

     

第1回研究分科会・HyTeC公開セミナー

平成26年8月29日(金)

 
 全体風景 座長 伊藤衡平 教授
 九州大学 栗山信宏 氏

(独)交通安全環境研究所 成澤和幸 氏

 
 (一社)日本ガス協会 山口祐一郎 氏 横浜国立大学 荒木拓人 氏
 

 たくさんのご参加、

誠にありがとうございました!

 

(投稿日:2014/10/02)

前のページへ戻る
ページの先頭へ戻る