社会実証

平成23年度実証活動支援事業 採択結果

以下の事業について、採択決定しましたのでお知らせします。

北九州水素タウンを活用した実証研究

【提案 Ⅰ】

提案者 水素供給・利用技術研究組合
事業区分 北九州水素タウンを活用した実証研究
実証場所 福岡県 北九州市 八幡東区 東田
実証内容 水素パイプラインによる水素供給技術の実証、純水素型燃料電池等の運転実証、
小型移動体への水素充填実証等
採択決定日 平成23年4月1日

【提案 Ⅱ】

提案者 岩谷産業(株)、特定非営利活動法人 里山を考える会、(株)ナフコ
事業区分 北九州水素タウンを活用した実証研究
実証場所 福岡県 北九州市 八幡東区 東田
実証内容 小型移動体(燃料電池アシスト自転車・フォークリフト等)の運転実証等
採択決定日 平成23年4月1日

平成23年度実証活動支援事業 公募開始

公募期間:平成23年3月14日(月)~3月25日(金)※公募を締め切りました

公募対象事業

北九州水素タウンを活用した実証研究

水素パイプラインによる水素供給実証、純水素型燃料電池や小型移動体の運転実証等

助成期間 最長3年間
補助率 事業費の1/2以内
助成上限 3500万円/年以内
採択件数 1件
応募資格 提案者は「産」もしくは「産」により構成された団体等。
但し、「産」は福岡水素エネルギー戦略会議の会員であること。

公募要領・提案書様式

提案書受付期間

  平成23年3月14日(月)~3月25日(金)午後5時必着

問い合わせ先

  福岡水素エネルギー戦略会議 事務局 [杉本、平野]
  〒812-8577 福岡市博多区東公園7-7   TEL 092-643-3448

実証活動支援事業の実施状況

平成22年度 活動状況  
平成21年度 活動情報
  1. 水素ハイウェイ 
    究極のエコカー「水素燃料電池自動車」の実証を開始
    水素ハイウェイ始動
    北九州水素ステーション 開所式
  2. NEDO助成事業 
    水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)を福岡で開始
    燃料電池自動車1,100km長距離走行実証 完走記念式典
  3. 水素利用社会システム構築実証事業 
    経済産業省「水素利用社会システム構築実証事業」の実施決定
    <北九州水素タウン>
平成20年度採択分
  1. 福岡水素タウン 
    (新日本石油㈱,西部ガスエネルギー(株))
  2. 九州大学水素ステーション 
    ((国)九州大学,九州電力(株),大陽日酸(株),(株)キューキ)
  3. 北九州総合エネルギーステーション 
    (岩谷産業(株),新日本製鐵(株),新日本石油(株))
平成19年度採択分
  1. 業務用燃料電池のフィールド実証試験(出光興産(株))
平成18年度採択分
  1. 1kW級燃料電池コージェネレーションシステムの運転評価
    (東芝燃料電池システム(株),九州大学)
  2. 灯油仕様10kW級固体高分子形燃料電池システムの実証研究
    (新日本石油(株),九州大学)
  3. 福岡県知事公舎における燃料電池実証試験(西部ガス(株))
ページの先頭へ戻る