長距離走行実証&試乗会を開催しました。

 2015年の燃料電池自動車普及開始に向けて、水素ステーションが複数連携することで広域走行が容易になることを検証するとともに、九州全体において水素・燃料電池自動車の理解の促進を図り、円滑に普及することを目的とした、長距離走行実証をおこないました。 

 

 また、(一財)九州産業技術センター及び、大分県・熊本県が主催した「九州燃料電池自動車セミナー」の終了後に、燃料電池自動車同乗試乗会を開催しました。

 大分県では初登場となった、燃料電池自動車同乗試乗会に、たくさんの方々に同乗していただき、静かで快適な走りを体験していただきました。

 

 今回の開催にあたりご協力いただきました皆様に、厚くお礼申し上げます。

 今後も福岡水素エネルギー戦略会議では、 水素エネルギーの理解増進に努めてまいります。


【概要】

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業

 「地域水素供給インフラ技術・社会実証/地域実証研究/福岡県・佐賀県における実証研究」

  ●開催日:平成26年1月21日(火)
   出発地:福岡県
   到着地:大分県

  

  ●開催日:平成26年1月22日(水)

   出発地:各地(福岡県、佐賀県、北九州市)

   到着地:熊本県

 
 ■同時開催■
  ・九州燃料電池自動車セミナー
  ・燃料電池自動車展示・試乗会

  

   

九州燃料電池自動車セミナー

  試乗会風景 

  
   
 取材していただきました。 

  

 

 

 

 くまモンも試乗しました。

 

 

 

(投稿日:2014/02/07)

前のページへ戻る
ページの先頭へ戻る